2007年11月06日

Solitar −ワスレモノ設置展−



会場 東京・西荻窪 三月の羊
会期 2007年12月01日〜12月29日
時間 11:00〜19:00 (日祝は11:00〜18:00)
定休 火水曜日
---
12月の一箇月間、西荻窪にある焼菓子とパンのお店、三月の羊さんにてワスレモノの展示即売会を開催いたします。
展示名の『Solitar』は一人遊びの意。
香ばしい香り漂う店内にて、一時、孔雀洞の一人遊びにお付き合い下さいませ。
---
DMの発注数を間違えまして通常の1/3程度となってしまいました。
DMのご請求を承っておりますが、ご希望に添えない場合がございます。ご了承下さいませ。

DMのご請求はこちらから → 
posted by kana at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2007年08月21日

きらら箱 納品



久方振りにきらら箱さまに乾式万華鏡とテレイドスコヲプを納品いたしました。
近日中に公開・販売開始される予定です(公開・販売日時はきらら箱さまにお任せしています)。
今回は盛夏の事象をモチーフに、オブジェクト同士が重なることで生まれる瞬間の色に重点を置いて制作しております。

孔雀洞雑貨舗のきらら箱支店はこちら → きらら箱 孔雀洞雑貨舗

画像の作品は『蓮花開く音』。
posted by kana at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2007年08月12日

寺子屋 drop around - 制作物紹介 -


◆夜の部の制作物◆
(液式−乾式万華鏡)

アルミニウムの角パイプを本体、オブジェクト(模様のもと)部分に硝子小瓶を使用した万華鏡を製作します。小瓶の一本にはオイルを入れて液式万華鏡の模様を、もう一本にはオイルを入れずに乾式万華鏡の模様をお愉しみいただきます。本体の鏡は二鏡式(模様が丸く閉じて見えます)。






◆昼の部の制作物◆
(乾式万華鏡+マァブルスコヲプ)

真鍮外装の乾式万華鏡と、古いビー玉を使用したマァブルスコヲプ、二本を制作します。両方とも三鏡式(模様が切れ目なく続きます)。マァブルスコヲプは採光部を固定しないことで、ビー玉のゆるゆるとした動きをお愉しみいただけます。





◆使用するオブジェクト◆
制作用のオブジェクトは15〜20種類程度ご用意しておりますが、制作される方ご自身で封じたい<ワスレモノ>をお持ち下さることも歓迎しております。
昼の部・・・直径13mm以下、厚さ5mm以下のもの。紙やフィルムは封じた後に折れないよう補強されることをお勧めしております。また、吸湿性の高い素材、温度による軟化が予想される素材はご遠慮下さい。
夜の部・・・直径12mm以下のもの。液式用の小瓶に封じる場合には水や油に溶けない素材であり、且つ、水に沈む素材であること。乾式用の小瓶の場合には小型の切手なども丸めて封じることが可能です。
当舗では色硝子、漂着物(鹿児島で拾った貝殻、シーグラス)、鉱物(紅雲母、玉髄、瑪瑙、螢石)をご用意しております。
posted by kana at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2007年08月07日

寺子屋 drop around



日時 2007年08月26日 昼の部 12:30〜16:00 / 夜の部 17:00〜20:30
会場 東京・恵比寿 atelier drop around
定員 各回4名程度

drop aroundさんの夏休み企画として万華鏡のワークショップを開催いたします。
「昼の部」では真鍮製の乾式万華鏡+細型マァブルスコヲプ
「夜の部」ではアルミニウム製の液式万華鏡本体+オブジェクト小瓶2本
を制作いたします。
※制作物の詳細画像は今週末、掲載予定です(画像は「夜の部」の液式万華鏡)。


寺子屋の詳細はdrop aroundさんのホームページをご覧下さい。

http://www.droparound.com
posted by kana at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2007年07月26日

天体航海展 追加納品予定

折角四週間という長い展示期間を頂いたので、会期半ばの来週前半辺り、追加納品をしたいと思っています。

追加予定は
 ・星屑菓子
 ・テレイドスコヲプ 細型
 ・乾式万華鏡
テレイドスコヲプの細型は今回の展示では初お目見え。通常のテレイドスコヲプよりも細身のものです。
あともうひとつ、新作を納品するかもしれないのですが、まだ未完成なので納品次第ご紹介しようと思います。

---
行きたい場所メモ
・海月書林実店舗一周年記念イベント 8月3日(金)〜8月14日(火) 水木定休
・第三回 池袋鉱物化石市場 in 東武 8月2日(木)〜7日(火)
・骨董市・・・随分行っていません・・・
posted by kana at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2007年07月16日

天体航海展





無事に開催に至りました。
初日からご来場下さいました方、お手伝い下さったneychiさんには深く御礼申し上げます。
そしてメル下さった皆様にも深く深く感謝を・・・これからお返事書きます・・・。

会期が長いので会期半ばで一部展示品を入れ替える予定です。(孔雀洞だけです。)
投影式万華鏡は試作完成したものの、光源に白熱灯使って金属本体のために五分と持たずに本体が過熱されてしまう欠点が。
高輝度白色LEDを使用しては、とのヒントをいただいたのでそちらでも一度試作してみます。
今の展示か、八月某所でのワークショップにて展示できることを目標に・・・。
posted by kana at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2006年11月20日

夏期休暇

今年の二月に『ヒカリ ノ キオク』展でお世話になった国分寺のカフェ、Roofさんで、来年七月〜八月に掛けてに展示をお願いすることになりました。
夏の展示+長期(四週間)の展示、そして夜間用の作品制作、と初めてのことづくしになりそうです。
ご一緒して下さるのはフェスタでもお世話になっているスパン社さん。

来年は三月と十一月にも個展を予定しています。

其其の展示で新しい試みが出来ればと考えています。
posted by kana at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2006年10月31日

新作豆本 其の二



企画展に合わせて制作した豆本の新作、二冊目です。
昨冬に発行した『Specimen of O』の中身を引っ張っていて、某仏小説を引用を中心に展開しています。本文は墨一色、挿絵部分だけほんのりとカラー。
引用した小説と訳者への尊敬を込めて、表装は(孔雀洞にしては)贅沢をしました。
 ・表装 極薄手のシルクシャンタン
 ・花布 正絹、菊地模様の半襟布
 ・装飾 銀の房飾り と スワロフスキー社製、黒い硝子のカボション。

シャンタン地は摩擦に弱いため、この豆本のみ、透明なケースに入れての販売となります。
posted by kana at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2006年10月30日

新作豆本



他の作家さんが展示会にあわせて次々と新作を公表していらっしゃるので、遅まきながら告知を。
当舗は今回、豆本の新作を二種類ご用意いたしました。
画像は19世紀半ばに発行された植物図鑑をもとにした一冊。
A〜Zまで一つずつ植物を紹介しており、該当する植物が無い頁に関しては植物に関連する事象を綴っています。
今回は本文の画像を初めて手書きで用意し、スキャナで取り込んでみました。
ベクタ画像で用意したかったのですが・・・植物を描くのは難しいのですね。
表装にはデッドストックの鶯色の木綿布を使用し、花布は縮緬(絹)の桜色の半襟。
装飾には1960〜70年代、日本から米国輸出向けに作られていた樹脂のカボション。
これは同じものを大量に入手できなかったので同じくらいの寸法でことなるカボションを幾つか使用しています。二版以降はカボションではなく、レースやトリムを使うかもしれません、モチーフ編みとかでもいいかも。
posted by kana at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2006年10月20日

密かに準備


色色事情がありまして自宅に帰れない日が続いております、が、企画展の準備は蝸牛の歩みよりも遅いながらも進めております。
画像は11月05日に企画展会場に開かれる『出張喫茶』のチケット。切符風にしてみました。
地色はメニュに合わせて紙色を三種類、ご用意する予定です。

残作業:
 珈琲チケットの印刷
 ウェルカムボードの作成・印刷・成形
 喫茶室用の布の調達
 作家名の札作成・印刷

・・・出展者としての作業は完全に止まっております・・・
・・・蛇腹の豆絵本が作りたいです、white tipiの歌詞そのまま一綴りの豆本にしたいなあ、単純な線画で長く長く続く町並みと霧雨、砂丘と流星、開き切った花弁、指先、横断歩道。

そう謂えば今晩?明晩?はオリオン座流星群。晴れますように。
posted by kana at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2006年10月08日

十六夜



来月の企画展【屋根裏の図書室】の作家さまとの会場下見+お打合せ。
全員が顔を合わせるのは今日が初めてでしたが、お顔を拝見してお話しているとこんな素晴らしい方を(無理矢理)お誘いしているんだわ、と謂う実感がひしひしと湧いてきて・・・急にプレッシャーが掛かってしまい・・・ましたが、展示配置や備品利用の確認、什器の使用など、fumineさんとsayochiさんの的確なご提案を中心にさくさくと決まり、後は搬入日を待つばかり、皆さま、お疲れ様でした。
作家さんの作品や展示方法も、YAMA COFFEEさんの珈琲も楽しみ。

一番不安なのは自分の制作状況と搬入出時間の確保。
未だ入社二箇月なので有休は勿論駄目だしフレックス使っている人も未だ見たことがないのですよね・・・そして自分のチームに誰にどう了承を取ればいゝのかも・・・そもそも事務的な色色が未だ全然さっぱり分からないのですが・・・大丈夫かしら・・・。
制作は・・・乾式万華鏡とテレイドスコヲプ、液式万華鏡本体だけは完成しています。
・・・メインのつもりでいた豆本に全く手を着けられていないのが甚だ不安・・・。

夜は十六夜、磨かれたような綺麗な月でした。

画像はいつか作品に使おうと買い溜めた活版。カタカナ清音が全部揃いました。
posted by kana at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2006年10月03日

空豆サイズ。



案内状に使用豆本の寸法は縦15mm横10mm、そら豆よりは小さい、かな。

椅子にあわせて1/12スケールで、と思っていたけれど不器用な私の手にはこの寸法が限界でした。
表紙は藍染の着物のはぎれ、水色の花布、白い透かし模様の入った見返し紙は勿論、写真に写りませんでした。栞紐は花布と同じ水色。

画像左は比較のための文庫本。
posted by kana at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2006年10月01日

メルマガ配信

2006年10月01日、『孔雀洞雑貨舗活動内容御案内 18』を配信いたしました。

孔雀洞のメールマガジンに登録済みなのにメルマガが届いていない場合、メールアドレスを間違ってご登録されていることが考えられますので、再度ご登録をお願いします。
また、携帯電話のメールアドレスをご登録の方はPCからのメールを受信可能にご設定下さい。

メルマガのご登録・解約はこちらから
 http://kujaku.info/mailmagazine.html
posted by kana at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定

2006年09月22日

100,000 count

2006/09/21の夕刻、5月生まれのサオリさんが100,000のカウントを踏まれました。
サオリさん、お祝いのメッセージを下さった方々、サイトをご覧下さっている皆さまに心よりお礼申し上げます。

カウンタ企画はまた気紛れに開催いたしますのでお付き合い頂ければ幸いです。

サオリさんへの記念品は11月の企画展終了後に発送する予定です。
暫くお待ち下さいませ。
posted by kana at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定