2010年06月12日

豆本フェスタ2終了しました。


本日、豆本フェスタ2に参加して参りました。
会場は浅草橋の隅田川に面した東京卸商センターの三階。
窓を開け放すと涼しい川風が吹き込む、開放的な会議室でした。

持ち込んだ作品は

  • 夏の星座(2005年09月初版)

  • 冬の星座(2009年12月初版)

  • 植物図鑑(2006年11月初版)

  • O嬢の物語(2006年11月初版)

  • 鱗翅目図鑑(2008年12月初版)

  • 展翅(2008年12月初版)

  • 結晶学入門(2008年07月初版)

  • 記憶ノ標本

  • 真鍮製栞


この他に名刺入など手製本の作品を数点並べました。



当舗の豆本は図鑑や画像中心のものは正方形、文章中心の内容は縦長の装丁、表紙は全て木綿または絹布を使用しております。
表紙が二色遣いのものは二枚の布を接ぎ合せてみました。



新作『記憶ノ標本』は豆本型の小箱。
箱の中には幼い頃、抽斗に大切にしまっていた宝物の欠片を入れてあります。
今回、中身は五種類用意しました。

  • 青茨ノ研究 青い液体入小型試験管+青い花弁入

  • 青東屋鳥 青い禽羽+硝子の青い雫+旧い空色の硝子釦

  • 砂糖菓子 タコノマクラ+石膏製の貝殻や花弁

  • 臨海学校 鹿児島の海岸から届いた小さな貝殻やヒトデ

  • 旅ノ名残 舶来古切手+英古コイン+古時計カバーガラス



ブースにお立ち寄り下さいました方方、お声を掛けて下さいました方、スタッフの皆様、一日お付き合い下さいました隣接ブースの宮内豆本館さま青月堂さま、*てしごとや・チイロ*さまに心より御礼申し上げます。
ありがとうございました!
posted by kana at 23:34| Comment(0) | 展示記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。