2006年08月26日

星天祭


浦和の楽風さんにて開催中の星天祭に行って参りました。
楽風さんは古い民家の納屋を改造した日本茶喫茶で二階がギャラリィ、ギャラリィ部分は二部屋に分かれており、今回は手前の部屋が明るく縁日を模した展示に、奥の部屋が照明を落としたライブ会場兼大型展示物の展示。其其に全く分野の異なる作家さんなのにとても統一されていて、会場を作り上げるのが楽しかっただろうな、と思わせるものでした。
会場では実際に手にとって遊んだり、展示物をペンライトで照らして覗き込んだりと『体感』出来る部分があってついつい長居したく。

ライブも見たかったのですが、夜更かし続きと未明までのお酒が抜けなくて朦朧としていたのでお客様で混み合う前にお暇してしまいました・・・折角作家さんともMさんともお会い出来たのでも少しゆっくりしたかったし古本市も寄り道したかったのですが・・・残念。


画像は星天祭の展示品、ダンボールで作られた建築物。本日の骨董市の収穫、腕時計のカバーグラスが入っている木箱、和製の小さな鍵、19世紀の英国製金属釦。

楽風さんは一度行ったことがありますが
星天祭素敵でそうすねー、
お店も雰囲気があるから展示にはうってつけでしょうね。
ダンボールで作られた建物懐かしい感じでその中を実際に歩いてみたいです!

maco wrote : 2006年08月27日 15:09

macoさん、今晩和。
楽風さん、お店もギャラリーもとても雰囲気の宜しいお店ですよねv
今回の展示では其其の作家さんが縁日の屋台を模した展示をされていて、そちらもとても素敵でした!
ダンボールの建築物は複数の建物が組み合わさっていて、其其が混沌とした迷路のような構成で素晴らしかったですよ〜、中に入って迷いたい、と思う風情でしたv

カナ wrote : 2006年08月29日 01:51
posted by kana at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32138514

この記事へのトラックバック